HOME > お知らせ > 2018.05.10 インターネット通信のセキュリティ強化に伴うご利用環境変更について

インターネット通信のセキュリティ強化に伴うご利用環境変更について


このたび、弊社Webサイトをより安全にご利用いただけるよう、インターネット通信のセキュリティ強化(暗号化方式の変更)を行います。この対応に伴い、2018年5月28日以降、以下<影響のある主なご利用環境>をご利用されている場合<対象となるWebサイト・サービス>がご利用いただけなくなります。
つきましては、お客様のご利用環境をご確認いただき、必要に応じて設定変更等の対応をお取りいただくようお願いいたします。
ご不便をおかけしますが、安全性確保のための措置でございますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

<変更日>
2018年5月28日(月)以降順次

<暗号化方式の変更点>

  • 「TLS」は、暗号化方式の名称です。
  • セキュリティ強度は、「TLS1.2>TLS1.1>TLS1.0」の順で高くなります。

<影響のある主なご利用環境>
ブラウザ:Internet Explorer 7.0以前
    Google Chrome 29以前

  • 「TLS1.0」「TLS1.1」の取扱い停止後に、上記環境から対象となるWebサイト・サービスをご利用した場合、Internet Explorerでは「ページを表示できません」などのメッセージが表示されます(表示内容はご利用環境によって異なる場合がございます)。
  • お使いのOS・ブラウザに関するお問い合わせは、製品提供元にご照会ください。
  • 上記以外のOS・ブラウザの場合も、設定によっては表示されない場合がございます。
  • サポートが終了しているOS(WindowsXPやVistaなど)をご使用されている場合は、ご利用環境に関わらずページが表示されない場合がございます。

TLS1.2設定に対応可能なブラウザのバージョン一覧

<対象となるWebサイト・サービス>
弊社Webサイトのうち、URLが「https」から始まるページ
・メンバーズページ
・インターネット口座振替(新規設定・口座変更)
・オンラインお申込み
・VISA認証サービス

<対応方法>
下記のいずれかの対応をとることで従来と同様にご利用いただけます。
・ブラウザのバージョンアップ
・ブラウザのインターネットセキュリティの設定変更

<ブラウザのインターネットセキュリティの設定変更方法>
ご利用のブラウザにより、画面の表示・設定方法が異なります。次の手順で設定できない場合は、各ブラウザの製品提供元へお問い合わせください。

Internet Explorerでの設定方法(例)

【手順1】
Internet Explorerを起動した状態で、ツールバーの「ツール」もしくは歯車のマークをクリックして、その中の「インターネットオプション」を選びます。

【手順2】
「インターネットオプション」ウィンドウの「詳細設定」タブをクリックします。

【手順3】
「詳細設定」内にある「セキュリティ」部分の「TLS1.2の使用」をチェックします。

【手順4】
「OK」ボタンをクリックして完了です。